田中泯の本名・年齢は?ドラマ・映画での演技が渋い!ダンス動画も

   

映画「たそがれ清兵衛」「るろうに剣心」や、

ドラマ「まれ」「龍馬伝」など数々の話題作に出演する田中泯さん。

重厚感と味のある演技で作品を盛り立てるバイプレイヤーといった感じですよね。

私は田中泯さんのことを「俳優」だと思っていたのですが、どうやら違うようです!

今回は、まだまだ謎の多い田中泯さんについて調べてみました!

スポンサーリンク

田中泯のプロフィール・本名は?

名前:田中 泯(たなか みん )

生年月日:1945年3月10日(73歳)

身長:180cm

体重:70kg

血液型:O型

職業:舞踊家(ぶようか)、ダンサー

ジャンル:映画・舞台・オペラ

 

クラシックバレエやアメリカンモダンダンスを学び

1966年よりモダンダンサーとして活躍。

 

既存のダンスや芸術界そのものに反発し

衣類を身につけず、全身の毛をそり落とした

裸体に近い状態で独特のダンスを展開しています。

 

その舞台は、劇場から野外まで場所はさまざま。

ヨーロッパ各地やニューヨークなどでも公演するなど

長年舞踊家(ぶようか)として活動しており、

世界的に高い評価を得ています。

 

近年は俳優としての活動も注目されていますが

オドリは個人に所属できません。私は名付けようもないダンスそのものでありたいのです。

と話し、「舞踏家(ぶとうか)」「俳優」という肩書きがつくのを

「間違い」「誤解だ」と否定しています。

 

もしかしたら、「演じる」ことも

田中さんにとっては「踊り」の一部であり

それを全部ひっくるめて

「舞踊家」なのかもしれませんね!

 

名前も個性的な田中泯さんですが

本名について調べてみたところ

「捷史」であるという情報を見つけました。

 

正しい読みまではわかりませんが「捷」には

「かつ」「はや」「しょう」「てい」

などの読みかたがありますので

「かつし」「はやふみ」もしくは「ていし」

といった名前かもしれません!

スポンサーリンク

 

ドラマ・映画での演技が渋い!

 

ダンサーとして活動するかたわら

最近は映画・ドラマでの演技でも注目されていますね。

 

2002年の映画『たそがれ清兵衛』では

映像作品初出演にもかかわらず

第48回キネマ旬報賞新人男優賞

第26回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞と

新人俳優賞を受賞しています。

 

田中さんの出演している作品を見ると

出番の少ない役でも

しっかり印象に残っているんですよね〜

多くを語らなくても体からにじみ出るものがあります。

 

長年舞踊家として活動してきた田中さんだからこそ

出せる渋さなのかもしれませんね。

 

個人的には

  • 映画「八日目の蝉」タキ写真館のご主人・滝役
  • 「永遠の0」の景浦介山役
  • 「るろうに剣心 」シリーズの翁・柏崎念至役
  • ドラマ「モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐 」ファリア真海役

での演技がとてもハマリ役だったなと感じています。

 

一国の国王からヤクザの組長まで演じられる方は

他になかなかいないのではないしょうか??

スポンサーリンク

世界的に評価が高いダンスとは

本業の舞踊家では

1966年よりモダンダンサーとして活躍し

1980年に海外での活動を始めると

1982年には西ドイツ・ミュンヘン演劇祭で

最優秀パフォーマンス賞を受賞するなど

その独特なダンスが世界でも高く評価されています。

 

田中泯さんのダンス動画はこちら。

インタビューを受ける田中さんがちょっと若いですね!

 

ダンスというと、音楽を流しながら

リズムに合わせて躍動的に動くイメージがあったので

 

田中さんのダンスを初めて見たときは

「これもダンスなんだ!!」

自分の中の踊りの概念が

くつがえされたような衝撃を受けました!

 

見る人によって感じ方はそれぞれだと思いますが

私はこの田中さんのダンス(5:30あたり)を見て

生まれたての動物が立ち上がる瞬間のような

強い生命力を感じました。

 

ゆ〜っくり動くのって

案外キビキビ動くより体力使いますよね。

田中さんの体が引き締まっていて

ムキムキなのも納得です。

 

さいごに

映画・ドラマでも活躍する世界的舞踊家の田中泯さんについてお届けしました。

「なぜ人間はダンスを必要としたのだろうか?」という命題のもと、年齢を感じさせない力強い演技を見せてくれる田中さん。

これからも田中泯さんの活躍を応援しています!

スポンサーリンク

 - エンタメ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。