今気になる旬な情報をピックアップしてお届け!

アメトーークで降板したスポンサーとは?闇営業問題で番組終了危機

Nao
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

吉本興業の所属芸人が

事務所を通さずに詐欺グループの忘年会で

「闇営業」をしていた問題。

 

それに関わった芸人が「解雇」

「無期限謹慎」となるなど、

番組運営にも大きな影響を与えており

発覚から1ヶ月近く経った今でも

その騒動はおさまる気配がありません!

 

闇営業騒動についてくわしくはまずこちらをご覧ください↓

闇営業騒動の発端・発覚したきっかけとは?処分された芸人は誰?

 

そんな中で最も注目を集めているのが

雨上がり決死隊・宮迫博之さんが

MCをつとめる「アメトーーク」。

 

企業CMが次々と

ACジャパンの広告に差し替えられるなど

その行く末に注目が集まっています!

 

今回はアメトーークを降板したとみられる

番組スポンサーについて調べてみました!

スポンサーリンク

番組スポンサー企業一覧

こちらが「アメトーーク」の

主なスポンサー企業一覧です。

前半:ローカルスポンサー

テレ朝/プリントパック、モビット、レオパレス21
HTB/PlayLand HAPPY(パチンコホール)
ABA/エースコック
IAT/ベル・オーブ、ヒラトヤグループ
AAB/高清水
KHB/万代、山一地所
KFB/ベルヴィグループ、エースコンタクト
abn/ホテルブレストンコート、アメニティーズ(パチンコホール)、信濃毎日新聞
UX/パチンコエヌワングループ
HAB/浪漫遊(リサイクルショップ)、ほけんの窓口
メ~テレ/クラシスホーム、メガネ赤札堂
ABC-TV(24:31~)/パチンコ&スロット アミューズ、ABCクリニック美容外科 梅田院
KSB/ミリオン(パチンコホール)、アーヴェリール迎賓館(結婚式場)
HOME/サンキョウグループ(サンキョウハウジング0’15″+サティスデザインホーム0’15”)
eat/ひめぎんクイックカードローン(愛媛銀行)
OAB/L’celmo OITA(結婚式場)、ディック学園グループ、なかの座、豊和銀行
KAB/ベスト電器
KKB/鹿児島相互信用金庫、マナーハウス 島津重富荘
QAB/マンガ倉庫、沖縄ホンダ、BIC Bridal、COMODO HOUSE、JTA(日本トランスオーシャン航空)

 

後半:ナショナルスポンサー

0:30〜 SMBC三井住友銀行、日清食品、GungHo、アコム

 

番販ネット局(系列外)

BBT(月24:35~)/アビリティー(株)、タケウチブライダル、寿電設、田中精密工業株式会社

出典:テレビ番組スポンサー表

 

パチンコホールといったアミューズメント系から

大手銀行まで様々な企業が

スポンサーをしていたことがわかりますね。

 

27日放送の「アメトーーク」では

一部CMがACジャパンに差し替えられて

いたため、「スポンサー撤退か?」と

番組存続に関するニュースの報道が

白熱する事態となっています!

 

果たして、「アメトーーク」への

提供を解消した企業はあるのでしょうか?

 

スポンサーを降板したと予想される

企業を見ていきましょう。

スポンサーリンク

降板したスポンサーとは

27日放送の「アメトーーク」で、

ACジャパンの広告へ差し替えられ

降板が噂されているスポンサーはこちら。

 

SMBC三井住友銀行

日清食品

GungHo

三菱UFJグループ(アコム)

 

なんと、

全国を対象に広告活動を行なっている

ナショナルスポンサー4社すべてが

アメトーークから降板した

と言われているようです!

 

番組MCと反社会勢力との関係が

明らかになってしまった今

このままCMを流し続ければ

(特に銀行は)企業イメージ低下にも

つながりかねませんからね…

 

もし降板したことが本当だったら

ここから新しいスポンサーを集めるのも

かなり難しいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

闇営業問題で番組終了危機

CMが流れなくなったということは

その企業はスポンサーを

降板したことになるのでしょうか?

 

これについては一部報道で

三井住友銀行は「個別のスポンサー契約に関しては、コメントを差し控えたい」と回答した

と伝えられており、

降板については明言していませんでした。

 

さらに

通常、番組スポンサーは4月からと10月からの半年単位でCM枠を購入。

ACジャパンが流れるのは、企業がイメージを懸念して自社の映像を流したくないと要望した場合で、広告料は払われる。

企業の判断によってACから元のCMに戻る可能性もある。

局関係者は「ACが流れたからスポンサーが降板したわけではない。損害も出ていない」と説明する。

出典:スポーツ報知

 

CMが流れなくなったからといって

スポンサーが降板したとは限らず

提供は続いている可能性もあるんですね!

 

半年単位で購入しているとすれば

10月以降のCM枠がどうなるのか

それによって番組の存続が決まってくる

とも考えられます。

 

「アメトーーク」は15年以上続く

テレビ朝日系の看板番組。

 

局関係者は

宮迫の謹慎期間が決まっていない以上、結論は簡単にはでない

と話しています。

 

関係者としては

早いうちにイメージを回復させて

なんとか番組を続けていきたい

というのが本音ではないでしょうか?

 

まとめ

「闇営業騒動」でのMC宮迫博之の無期限謹慎処分により、番組終了危機が噂される人気番組「アメトーーク」を降板したスポンサーについて調べてみました!

今後は相方の蛍原さんのみでやる「ホトトーーク」になるのでは?なんて噂も出てますが、この先どうなるのか?

引き続き注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つれづれニュース , 2019 All Rights Reserved.