今気になる旬な情報をピックアップしてお届け!

ジャニー喜多川の遺産は誰のもの?滝沢秀明が養子縁組で息子に?!

Nao
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

今月9日にクモ膜下出血のため亡くなった

ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川さん。

 

死去から1週間以上がたった今でも

毎日関連ニュース報道がやむことはなく、

その偉大さと影響力の大きさを

改めて感じさせられますね。

 

現在はジャニーさんの莫大な遺産を

誰が相続するのかということに

注目が集まっているようです。

 

というわけで今回は、

ジャニー喜多川さんの遺産総額と、

誰が相続するのかについて予想してみました!

スポンサーリンク

ジャニー喜多川氏の総資産はいくら?

多くの所属タレントを抱え

莫大な資産を持つと言われている

ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川さんの

遺産についての報道を調べてみました。

 

ファンクラブの総会員数は約500万人

年会費だけで200億円以上

音楽作品の売上・コンサートのチケット代

グッズ売上・CM出演料などを加えると、

グループ全体で年間収入は1000億円を軽く超える。

関連会社や個人名義で所有する不動産が

10件以上で推定500億円

海外の銀行預貯金を合わせた総資産は計1000億円超

 

高額納税者番付によると

04年度の年収は推定約9億円

 

遺産の推定額は200億円超

個人名義で所有する不動産を合わせると

300億円に達するとの見方もある

出典:スポニチアネックス(要約して抜粋)

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/07/10/kiji/20190709s00041000546000c.html

もう、ケタが大きすぎて

何が何だか分からなくなってきました…^^;

 

まとめると、

ジャニー喜多川さんの総資産は

およそ300億円だとみられています。

 

ジャニーさん自身はお金に無頓着で

私利私欲のために使うことは

ほとんどなかったといわれていますね。

 

アイドルの育成に力を注いでいたら

いつの間にか300億貯まっていた

という感じかもしれません。

スポンサーリンク

滝沢秀明が養子縁組で息子に?!

ジャニー喜多川氏の葬儀の日、

滝沢秀明さんがジャニー氏の遺影を抱え

霊柩車の助手席に乗って出棺する姿を

多くのメディアが報じています。

 

霊柩車の助手席に座るのは

通常親族で喪主をつとめる人物とされています。

 

そのため、

ジャニー喜多川氏は滝沢さんと養子縁組し

親子の関係になっているのではないか

なんてウソみたいな噂が

まことしやかにささやかれています。

 

滝沢秀明さんといえば

ジャニーズJr.の時代から絶大な人気を誇り

多くのジュニア達をまとめるリーダーとして

常にジャニーズ人気を牽引してきた人物。

 

2018年にアイドルの活動を引退後は、

傘下のジャニーズアイランド社長に就任し

ジャニー喜多川さんの後継者として

後輩たちの育成にあたっていました。

スポンサーリンク


ジャニーさんは長年、

息子同然に滝沢さんをかわいがっており

滝沢さん自身も母子家庭で育ったため

実の父親のようにジャニーさんを慕っていた

といわれています。

 

関係性で見ると、実の親子以上に

絆は深いと言えるかもしれませんね。

考えれば考えるほど

養子縁組の話が現実味をおびてきます。

 

仮に、ジャニーさんと滝沢秀明さんが

養子縁組をしていなかったとしても

生前にジャニーさんが滝沢さんに

相続させたい旨の遺言を残していれば

滝沢さんが遺産のうち何割かを

受け取る可能性は残っています。

 

お二人の関係については

遺産相続の際に明らかになるかもしれません。

続報を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

遺産の相続は誰でいくら受け取る?

では、推定300億円ともいわれる

ジャニー喜多川氏の遺産は、

一体誰が相続するのでしょうか?

 

専門家の話によると、

ジャニーさんの法定相続人は

姉であるメリー喜多川副社長のみ

 

亡くなった人が希望すれば、

法定相続人以外の血のつながりのない

第三者に相続させることも可能で

法定相続人を排除することも可能

 

その場合、遺言で誰にどのように相続させるか

意思を明らかにしなければならない

出典:Business Journal(要約して抜粋)

https://biz-journal.jp/2019/07/post_109098.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

と話しています。

 

現在考えられる最も高い可能性として、

メリー氏が遺産全額を一人で相続した場合

いくら受け取るのか計算してみましょう。

メリー氏が300億円の現金を一人で相続した場合

基礎控除は3600万円

300億円−3600万円=299億6400万円(相続税がかかる分)

 

相続税の最大税率は55%(課税価格が6億円を超えたとき)

299億6400万円×55%=164億800万円(税額)

 

※相続税には「2割加算」のルールがある

対象の中に血縁関係のない他人がいる場合

相続税が2割増えてしまう

164億800万円×120%=196億9000万円(再計算した税額)

出典:Business Journal(要約して抜粋)

https://biz-journal.jp/2019/07/post_109098.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

つまり、メリー氏一人が相続する場合

300億円−164億800万円(相続税)=135億9200万円

を受け取るということになります。

 

もし、遺言書によって

滝沢秀明さんが相続人となっていた場合

血縁関係のない他人が入るため

2割加算された税額の196億9000万円を引いた

300億円−196億9000万円(2割加算相続税)=103億1000万円を

遺言書に従って相続することになりますね。

 

遺産総額300億円といっても

半分以上が税金で引かれてしまうんですね…

それでもすごい金額です!

 

まとめ

今回は、300億円ともいわれるジャニー喜多川氏の遺産相続について予想してみました。

生前、その使い道について

「タレントの育成などのために使いたい」

と話していたジャニーさん。

誰に受け継がれるとしても、

その意思が叶うことを願いたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つれづれニュース , 2019 All Rights Reserved.