今気になる旬な情報をピックアップしてお届け!

京アニ火災の犯人は誰?犯行予告があった?本人画像・動機と手口は

Nao
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

2019年7月18日、アニメ制作会社「京都アニメーション」が放火され、

死者33名・負傷者36名の大きな被害が出ました。

平成以降最悪と言われる放火事件はなぜ起こってしまったのか?

犯人の男と動機について調べてみました!

スポンサーリンク

京アニ火災とは

18日午前10時35分ごろ、京都市伏見区桃山町因幡のアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオから出火し、鉄筋コンクリート造り3階建ての建物延べ約700平方メートルの大半が焼けた。

京都府警によると、33人(男性12人、女性20人、不明1人)の死亡が確認された。

このほか36人が病院に運ばれ、うち17人は入院中で意識不明の人もいる。残りの大半の人は軽症という。

出典:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASM7L5GDYM7LPLZB01P.html

 

今回放火の被害にあった京都アニメーションは

日本のアニメ制作会社で、略して

京アニ(きょうアニ)とも呼ばれています。

 

これまでに京アニが生み出した

「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」

「けいおん!」などの作品は、立て続けに

社会現象を引き起こすほどのブームとなり

アニメファンのみならず一般にも広く知られていました。

 

こちらが今回火災の被害を受けた

京都アニメーション第1スタジオ。

鉄筋コンクリート造り3階建ての建物で

当時67名の従業員が中にいたそうです。

 

この火事により33名の方が亡くなり

多くの負傷者も出ていると伝えられています。

今回の事件の犯人の男について

さらに詳しく調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

犯行予告があった?

事件の数日前からは、掲示板に不審な投稿がされており

アニメに恨みを持っているような内容から

今回の放火犯によるものでは?と憶測を呼んでいます。

京阪とアニメを痛烈に批判していますね。

ちょっと病的なにおいもします。

 

注目すべきは、ここの発言。

響けユーフォニアムのバリサクソロのせいで、俺様の人生は大きく狂った。絶対に許さないからな!

「響け!ユーフォニアム」は京アニ制作によるもの。

なぜ人生が狂ったのかはわかりませんが、

京アニに何らかの恨みを持っていたという点では一致していますね。

 

さらに、当日の朝には

ニュースにデビューしてもいいかい?

という意味深なやりとりが

他の掲示板でも発見されています。

2008年に起こった秋葉原通り魔事件でも

犯人は犯行の直前に掲示板で犯行予告をしていますし

犯人が、事件に注目を集めるため

犯行予告としてやった可能性はありますね。

スポンサーリンク

犯人の男は誰?動機・手口も

今回、33名の尊い命を奪った犯人は

一体誰なのでしょうか?

 

京都府警は、ガソリンのような液体をまいて火をつけたとみられる、さいたま市在住の男(41)の身柄を確保した。

殺人と現住建造物等放火の疑いで捜査している。

男は上半身などをやけどして病院に運ばれ、意識不明の重体。

搬送される際、駆けつけた警察官に「1階で液体をまいて火をつけた」と話したという

出典:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASM7L5GDYM7LPLZB01P.html

 

今のところ、犯人の男については

さいたま市内に住む41歳の男

とのみ伝えられており、

名前や身元は明らかになっていません。

追記:19日、京都府警は犯人が青葉真司容疑者(41)と公表しました。

 

確保時の犯人の映像がこちら。

腕や足に火傷を負っていて

服はところどころ破れているのがわかります。

 

事件当日の男の行動も

徐々に明らかになってきているようです。

確保された男と似た人物がこの日、容量20リットルの携行缶二つを持って近くのガソリンスタンドを訪れ、ガソリンを買っていたという。

現場近くに携行缶二つと台車のほか、包丁数本とハンマーが入った手提げかばんとリュックサックが残されていた。

 

複数のスタジオ関係者は、男が「死ね」と叫びながらビルに入り、1階の入り口付近でバケツに入ったガソリンとみられる液体をまいた後、すぐに火を放ったのを目撃。

府警は、購入したガソリンを台車で運び、現場近くで携行缶からバケツに移し替えてまいたとみている。

出典:朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASM7L5GDYM7LPLZB01P.html

40リットルのガソリン、包丁数本と

ハンマーを持って行くなんて、恐ろしいですね…

建物内から逃げてきた人を待ち構えて

刺すつもりだったのでしょうか??

計画性と強い殺意を感じます。

 

犯人がなぜこのようなことをしたのか

動機については今のところ

まだ明らかになっていません。

 

しかし、目撃者の証言によると確保された際

「小説をパクったから」といった内容の

説明をしているとも伝えられており、

京アニに何かをパクられたことに対する

恨みによるものではないかと言われています。

 

現在犯人は意識不明の重体となっており

動機の解明にはまだ時間がかかりそうです。

また新しいことがわかりましたら

追記したいと思います。

まとめ

今回は、平成以降最悪と言われる多くの被害者を出した、京都アニメーション放火事件の犯人についてお伝えしました。

未来ある33名のアニメクリエイターの命が失われた今回の事件。

世界に誇る日本のアニメ文化への損害は計り知れないものがありますね。

今回被害に遭われた被害者の方へ心よりご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つれづれニュース , 2019 All Rights Reserved.