今気になる旬な情報をピックアップしてお届け!

映画「NANA2」で宮崎あおいが降板して市川由衣に変わった理由は?

Nao
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

2005年・2006年に公開され、若者を中心に大ブームを巻き起こした実写版映画「NANA」。

1作目と2作目で主要キャストが交代したことでも話題を呼びましたよね。

今回は、1作目でハチこと小松奈々を演じた宮崎あおいさんが、2作目でなぜ降板したのか?

その理由について調べてみました!

スポンサーリンク

宮崎あおいのプロフィール

名前:宮﨑 あおい(みやざき あおい)

本名:岡田 あおい(旧姓:宮﨑)

生年月日:1985年11月30日(00歳)

出身地:東京都杉並区

身長:163cm

血液型:O型

職業:女優

活動:1989年-

所属:ヒラタインターナショナル

夫はV6の岡田准一

 

母親が「思い出に残すため」という理由で

4歳の時に子役デビュー。

 

モデルや女優として数々の作品に登場し、

2001年、映画初主演の「害虫」で

第23回ナント三大陸映画祭コンペティション部門主演女優賞を受賞。

2005年に中島美嘉とダブル主演を務めた「NANA-ナナ-」は、興行収入40億円の大ヒット。

2006年、連続テレビ小説「純情きらり」ではヒロインの有森桜子役を演じ

第44回ゴールデン・アロー賞放送賞(ドラマ部門)を受賞。

2008年には大河ドラマ『篤姫』で、主人公の篤姫を演じました。

 

私生活では

2007年6月15日に俳優の高岡蒼佑と結婚しましたが、

2011年12月28日に離婚。

 

2017年12月23日にはV6の岡田准一と結婚(再婚)したことを、2人の連名によるFAXで発表し

2018年10月16日、第1子男児出産を発表しました。

スポンサーリンク

市川由衣のプロフィール

名前:市川 由衣(いちかわ ゆい)

生年月日:1986年2月10日(33歳)

出身地:東京都中野区

身長:158cm

血液型:A型

職業:女優、タレント、歌手

学歴:東京都立代々木高等学校卒業

活動:2000年-

所属:研音

夫は俳優・演出家の戸次重幸

 

小学校高学年頃から読者モデルとして活動を始め、

その後、街でスカウトされてデビュー。

2000年末からはグラビアアイドルとして活動を開始します。

 

2003年、研音に移籍し、8月に「呪怨」で映画デビュー。

2006年「サイレン 〜FORBIDDEN SIREN〜」で映画初主演。

同年に公開された「NANA2」では、前作で降板した宮﨑あおいの後継としてハチ役を演じ、一躍有名になりました。

 

私生活では2015年9月8日に

TEAM NACSで俳優・演出家の戸次重幸との結婚を発表。

2016年9月26日には、第1子となる男児を出産したことを発表しました。

 

スポンサーリンク

映画「NANA2」でハチが宮崎あおいから市川由衣に変わった理由は

映画「NANA」が公開されたのは2005年。

続編となる「NANA2」が公開されたのが2006年。

公開から10年以上たった今でも

根強いファンの多い作品ですよね。

 

1作目と2作目で、物語のキーパーソンとなる

小松奈々(ハチ)役の交代があったことでも注目を集めました。

宮崎あおいさんが好評だったので

降板発表の際はかなり反響がありましたが

私は個人的に市川由衣さんのハチも

原作のイメージに合っていて良かったなーと思います。

 

興行収入40億円を超える大ヒットで

自身の出世作となった映画の続編を

宮崎あおいさんが降板してしまった理由は何だったのか?

ネットの情報を中心にまとめてみました。

 

降板した理由その1:ベッドシーン

宮崎あおいさんが2作目を降板した理由としてまず上がってきたのが、2作目にはベッドシーンがあったこと。

仮脚本にベッドシーンや妊娠の描写があったため、イメージダウンを避けたい宮崎さんサイドがNANA2の出演にNGを出したと言われています。

宮崎さん自身にとっても、自分のやりたい演技じゃなかったと言っていたのだとか。

 

降板した理由その2:1作目がコケたから

興行収入40億円を超える大ヒットとなった「NANA」ですが、一部情報によるとこれは予想外の結果だったそうです。

矢沢あいさん原作漫画の実写化ということで、公開前には興行収入70億円はいくだろうとの見立てでした。

しかしふたを開けてみると予想より30億も下回ってしまったため、映画関係者の中では「大コケ」した作品として見られているのだとか。

その結果、2作目でさらなる宮崎さんのイメージダウンを避けるために降板したとされています。

 

降板した理由その3:原作ファンから反感を買った

これは実写化した作品にはつきものだと思うんですけど、映画を見た原作ファンから「イメージが違う」と反感を買ってしまったのが理由の一つとされています。

確かに登場人物によっては「これは〇〇じゃないだろ」というキャスティングもあって、映画への批判も多くあったと思います。

映画への批判は主要キャストを務めた宮崎さんのイメージダウンにつながる恐れがあったため、彼女を降板させたのかもしれません。

しかし、宮崎さんに関しては「ハチのイメージ通り」という声も多かっただけに、もしこれが理由なら降板したのは残念ですね。

 

降板した理由その4:スケジュールの関係

宮崎さんはNANAに出演した翌年に、

連続テレビ小説「純情きらり」でヒロインをつとめており

スケジュールが合わなくなったため、降板した

というのが大筋の見方となっています。

時期的にもこれが一番信ぴょう性ありそうですが

「それは表向きの理由」とする意見も多くあり

実際、宮崎さんが降板した理由については

明らかにはなっていません。

まとめ

2006年公開の映画「NANA2」で、小松奈々役の宮崎あおいさんが降板した理由について調べてみました。

もうあれから13年。時が経つのは本当に早いですね!

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つれづれニュース , 2019 All Rights Reserved.