気になる話題をわかりやすく!

教師いじめ加害者の処分と今後は?謝罪文内容や逮捕の可能性といつかも調査!

WRITER
 
教師いじめ 加害者 処分 今後  謝罪文 内容 逮捕 可能性 いつ
この記事を書いている人 - WRITER -

神戸市の小学校で教師同士のいじめがあったとして大きな騒動となっていますね!

 

神戸市東須磨小学校で、20代の男性教師が同僚たちから悪質な「いじめ」を受けていた件で、第三者委員会を設置するなど騒動は収まる気配がありません。

 

「いじめ」というにはあまりにも悪質な今回の事件ですが、加害者4人の処分は今後はどうなるのか?

 

逮捕の可能性と、いつになるのかについても調査してみました!

 

スポンサーリンク

神戸市東須磨小学校の教師いじめ問題とは

神戸市須磨区の市立東須磨小学校で、20代の男性教師が4人の同僚から激辛カレーを食べさせられるなどの悪質ないじめを受けていたことが明らかになりました。

 

この件について、仁王美貴(におうみき)校長は10月9日に会見を開き、そのうちの二人は昨年度と今年度の生徒指導担当いじめ対策にあたっていたことを公表。

 

「子供に対して教えていたことと、自分がやっている行為が全く違う」とし、「私は遺憾に思う」とコメントしています。

 

よく「大人の世界にもいじめはある」と言いますが、普段「いじめはダメだよ」と子供達に教えているはずの小学校教諭が実はいじめをしていたなんて、前代未聞ですよね!

 

しかも激辛カレーを食べさせて目に擦り付けたり、交際していない後輩の男女教諭に性行為をさせて証拠の画像を送らせるとか、かなりタチが悪いです。

 

今のところ実名報道されていませんが、ネットでは加害教諭4人の実名と顔写真が公表されるなど、世論はますます加熱しています。

 

今回の件によるショックで登校できなくなっている生徒もいると言われており、心のケアを始めとした速やかな対応が求められますね。

 

教師いじめ加害者教員の逮捕については⇨『教師いじめ加害者の現在と逮捕されない理由はなぜ?黒幕の存在や女帝と校長の関係は』の記事でもまとめているので是非読んでみてください!

 

スポンサーリンク

いじめをした加害教師4人が謝罪文を発表!

先の見えない混乱の中、2019年10月16日に東須磨小学校で2回目の保護者説明会が行われました。

 

ここで発表された、加害者教員4人の事情聴取での言葉を謝罪文としてまとめたものがこちら。

 【30代男性教員A】

ここまで被害教員を大切に育ててこられたご家族の皆さま、このたびはこのようなあってはならない事態を引き起こしてしまい、大変申し訳ありません

ご家族の皆さまには直接お会いして、謝罪の辞を述べさせていただきたいと思います。

東須磨小の保護者の皆さま、そして子どもたちに、おわびをしなければいけません。

いけないことを教える立場の私が、加害者となり、混乱と不安を与えてしまうことになってしまいました。

信頼を裏切ることになってしまったことを、深くおわびしたいと思います。

本当に申し訳ありませんでした。

 

【30代男性教員B】

自分自身の相手への配慮に欠ける言動や、軽はずみな言動に、最低な人間だと実感しました。一社会人として、人間として、恥ずべきことと考えています。

もし、許されるのであれば、被害教員やご家族に直接、誠心誠意、謝罪したいと思います。

東須磨小の児童、保護者の皆さん、自分の身勝手な言動で、たくさんの迷惑をおかけしました。

この事案を機に自分の在り方をしっかりと見直し、自分の言動に対して猛省を続けたいと思います。

本当に申し訳ありませんでした。

 

【30代男性教員C】

相手のことを思いやらずに、自分勝手な行動で相手を傷つけたことを反省しています。

被害教員をはじめ、私の行動で嫌な思いを先生方にさせてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

東須磨小の子どもたちや保護者の皆さんには、申し訳ない気持ちです。私の犯した行為は、許されることではありません。

東須磨小の子どもたちは、素直な明るい子どもたちなので、そこを伸ばしてほしいと願っています。

ただ、私の行為はその成長の邪魔をしてしまったと思っています。

 

【40代女性教員】

子どもたちに対しては、こんな形になって申し訳ないです。

子どもたちを精いっぱい愛してきたつもりですが、他の職員を傷つけることになり、子どもたちの前に出られなくなり、申し訳ありません。

私の行動で、迷惑をかけてしまったことに対して、本当に申し訳ないと思っています。

被害教員に対しては、ただ申し訳ないというしかありません。

被害教員のご家族に画像を見せられ、入院までしている事実と、苦しんでいる事実を知りました。

本当にそれまでは、被害教員には自分の思いがあって接していたつもりです。

自分の行動が間違っていることに気付かず、彼が苦しんでいる姿を見ることは、かわいがってきただけに本当につらいです。

どうなっているのかと、ずっと思っています。

 

これらの謝罪コメントについて「反省が感じられない」とする声も多く、謝罪文公表後も世間の理解は得られていないままとなっています。

 

スポンサーリンク

加害教師の処分と今後はどうなる?逮捕の可能性やいつになるのかも調査!

加害教諭によって行われたいじめの内容は50にものぼります。

 

あまりにも多いので、こちらではその一部をご紹介したいと思います。

  • 暴力的な行為(殴る、蹴る、呼吸困難になるまで首をしめる、熱湯のやかんに顔をつける、激辛カレーを食べさせられる)
  • ものを汚したり壊す(カバンに氷、車に灰皿の水をまき散らす、携帯電話を隠す、ロックをかけ使えなくする、児童に配るプリントに水をかけられ汚される)
  • 無理やりお酒を飲ませたり、焼肉のタレなどを飲まされる
  • ののしられる(「クズ」「ゴミ」「性病」「犬」)
  • 児童に被害教諭の悪口を言う

 

「子供のいたずら」のようなものから、傷害事件レベルのものまで色々ありますね。

 

ちなみに被害を受けたのは20代の男性教師を含め合計で4人(20代男性2人、20代女性2人)。

 

いじめ問題を起こした加害教員4人は、現在有給をとりながら学校を休んでいるそうですが、今後逮捕される可能性はあるのか、またそれはいつになるのか気になりますよね。

 

やっていることは完全に「刑事事件レベルの犯罪」だと思うのですが、職場で起こると「パワハラ」や「いじめ」と軽めの表現になってしまうのはなぜなんですかね?

 

社会に与えた影響も含め、加害教員たちにはしかるべき罰を与えるというのが世間一般の多くの人が思っていることではないでしょうか。

 

激辛カレーを食べさせられた20代男性の被害教師は兵庫県警に被害届を出しており、市の教育委員会は専門家を交えた第三者委員会を設立するなどの動きも出ています。

 

加害教諭の処分逮捕時期については、第三者委員会の調査が終わり次第はっきりしてくるとみられていますので、新しい情報がわかり次第こちらに追記したいと思います!

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は、神戸市須磨区で起こった教師いじめ加害者の処分と今後についてご紹介しました。

 

いじめの内容はどれも聞いていて気分が悪くなるようなものばかりで、こんなことが実際に教育の現場で起こったとは本当に信じられませんね。

 

彼らの教え子たちのためにも、被害者が泣き寝入りすることはあってはならないと感じています。

 

被害教諭のみなさんにはまだまだつらい日々が続くと思いますが、最終的に納得する形で解決することを心より祈っています。

 

教師いじめ加害者教員の逮捕については⇨『教師いじめ加害者の現在と逮捕されない理由はなぜ?黒幕の存在や女帝と校長の関係は』の記事でもまとめているので是非読んでみてくださいね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Happy*Farm , 2019 All Rights Reserved.