「もっと知りたい!」をかなえるエンタメ情報まとめ

さくらまやの替え歌 不安げ1, 2のyoutube動画!歌詞全文文字起こしも

WRITER
 
さくらまや 替え歌 紅蓮華 不安げ 歌詞 全文 文字起こし
この記事を書いている人 - WRITER -

さくらまやさんの替え歌に対する反響がすごいですね!

 

かつて最年少演歌歌手として世間の注目を集めたさくらまやさん、その清純なイメージをくつがえす自虐ぶりで、新たなファンを獲得しています。

 

今回は、SNSでもトレンドとなったさくらまやさんの替え歌『不安げ』『不安げII』のYouTube動画や歌詞全文を文字起こししてまとめました!

スポンサーリンク

さくらまやがバラエティ番組で紅蓮華の替え歌『不安げ』を熱唱!

 

さくらまやさんはTBSのバラエティ番組『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』に出演し、22歳で演歌御殿を購入するも、その直後に無職になったと衝撃のカミングアウト。

 

「演歌なんて歌いたくない」「お仕事ちょうだい」と赤裸々に歌い上げ、放送後「さくらまや」がSNSのトレンド入りを果たすなど、大きな反響となりました。

 

これまでのイメージをくつがえす熱唱で、さくらまやさんの新境地が開けた感じがしますね!

 

世間の反響を受けて、さくらさんは急きょtwitterを開設。

 

ご本人も「自虐のかいがありました」と喜びのコメントを残しています。

 

さくらまやさんのプロフィールについては、こちらの記事でご紹介していますのでぜひ一緒にチェックしてみてくださいね!↓

スポンサーリンク

さくらまやの替え歌【不安げ】YouTube動画と歌詞全文

 

さくらまやさんが『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』に出演した際の、紅蓮華の替え歌『不安げ』歌唱動画と歌詞全文がこちら!

不安げ 歌詞全文

今年7月家を買った だけど8月無職に

22歳で建てた演歌御殿 ローン地獄

まだ2回しか払ってない 月末怖い

くやしくてひとり(サンドバッグを殴る蹴る)

気づけば朝(拳からは血が出てる)

払って行けるのは自分自身だけ それだけさ

大人を信じて今無職 だから本音言うよ

演歌なんて歌いたくない!  アニソン歌いたい

「おばあちゃんのため紅白出たい」

そんなもん全部ウソ

本当はお祭りの営業だけやってたい!

個人事務所よ  立ち上がれ!

お仕事ちょうだい

 

長く演歌歌手として活動してきた彼女の「演歌なんて歌いたくない!」カミングアウトは衝撃でしたね。笑

 

おばあちゃんはこれを聞いてどんな気持ちなのか少し心配になってしまいますが、当の本人はふっきれた様子でなんとも清々しく、これからの活動も応援していきたくなりますね。

 

さくらまやさんの買った家が気になる方は、こちらの記事もぜひ見ていってください!↓

スポンサーリンク

さくらまやの替え歌【不安げII】YouTube動画と歌詞全文

 

世間に衝撃を与えた『不安げ』の公開から約2ヶ月、『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』で、ファン待望の新曲『不安げII』が発表されました。

 

その時の歌唱動画と歌詞全文がこちら!

不安げII 歌詞全文

人生最大の恥晒した すると仕事きたよ!

放送後に100軒以上の営業 反響ビビる

長崎 帯広 札幌 これ全部 カラオケスナック

旅一座に同行(拘束時間は1ヶ月)

人形劇(せめて歌は歌わせて)

ローン払うのは自分自身だけ それだけさ

お仕事くれて感謝してます だけど本音言うよ

このままじゃローンは減らない

フラット35だもん!

芸能界飽きられるの早いから

今バイト 探してる

結局CM欲しい 政府マターのCM

広告代理店よ 立ち上がれ!

都知事と繋いで!

 

仕事が増えた喜びを歌っていたかと思ったら、途中からだんだん現実的になって、最後には自虐的な仕上がりとなりましたね。笑

 

さくらまやちゃんが「政府マターのCM欲しい」「都知事と繋いで」なんて歌う日がやってくるとは…

 

幼い頃から芸能活動をしている彼女が歌う「芸能界飽きられるの早いから」の歌詞には、なんとも言えない闇を感じました。

 

2度目の替え歌披露でさらにお茶の間の注目を集めたさくらさん、フラット35のローンも無事に完済できるといいですね!

 

スポンサーリンク

さくらまやの替え歌に対する世間の反応

 

さくらまやさんの替え歌披露に対する世間の反応をまとめました。

 

さくらまやさんの魂のこもった替え歌歌唱に、「面白い」の声が殺到していますね!

 

『不安げ』のインパクトが強すぎて、「紅蓮華を聞くと不安げを思い出してしまう現象」に陥っている方も続出しているようです。笑

 

替え歌披露をきっかけに一皮むけた感のある、最年少演歌歌手・さくらまやさんの今後の活躍や次回作に期待したいですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、TBSのバラエティ番組『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』で紅蓮華の替え歌『不安げ』を披露したさくらまやさんについてご紹介しました。

 

『不安げ』1作目では「演歌なんて歌いたくない」「おばあちゃんのため紅白、そんなもん全部ウソ」と衝撃のカミングアウトをして、SNSがトレンド入りを果たすなど大きな話題となりました。

 

ヒットを受けて公開された2作目の替え歌『不安げII』では「バイト探してる」「政府マターのCM欲しい」と、不安な気持ちを赤裸々に歌い上げていました。

 

さくらまやさんのローンは今後どうなるのか?アニソンは歌えるのかなど、彼女のこれからが気になりますね!

 

さくらまやさんをもっと知りたい!という方はこちらの記事も一緒にチェックしてみてくださいね!↓

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© Mish Mash , 2021 All Rights Reserved.