EXIT兼近の逮捕歴2回の理由や容疑内容は?騒動をわかりやすくまとめてみた

WRITER
 
EXIT兼近 逮捕歴 画像
この記事を書いている人 - WRITER -

チャラ男キャラで現在大ブレイク中のお笑いコンビEXIT。

 

「吉本No.1イケメン芸人」としても多くのファンからの支持を集めるボケ担当の兼近さんに対して、2019年9月5日発売の「週刊文春」が彼の犯罪歴を報じました。

 

報道によると、EXIT兼近さんは過去に2回逮捕されたといわれていますが、逮捕理由や容疑は何だったのでしょうか?

 

今回は、EXIT兼近大樹さんの逮捕歴関連の報道内容を調査していきたいと思います!

スポンサーリンク

EXIT 兼近大樹のプロフィール

兼近 大樹(かねちか だいき)さんは、吉本興業東京本社所属の芸人で、お笑いコンビEXITのボケを担当しています(立ち位置は右)。

 

本名は同じで、かねち、かねちーなどのニックネームがありますね。

 

北海道札幌市北区出身、生年月日は1991年5月11日生まれで、現在の年齢は29歳になります。

 

身長172cm、体重60kg、血液型はO型。

 

2017年に定時制高校へ入学しますが、母子家庭で家が貧しく、朝は新聞配達・昼は建設業のアルバイトをして家計を支えていました。

 

さらに妹の学費を稼ぐため、仕事を優先して定時制高校を中退。

 

その後不良グループとつるみ夜の街で遊ぶようになります。

 

18歳の時には、知人から札幌市すすきのの風俗チェーンでのボーイのアルバイトを持ちかけられ、他にやりたい仕事のなかった兼近さんはそこで従業員として働き、夜の世界へとどっぷりハマっていったそうです。

 

その後上京して東京NSCの19期生となり、2013年1月1日に芸人のおーみに誘われ、お笑いコンビ・ぷりずん。を結成します。

 

2017年5月から相方が活動を休止したため、ピンで活動していましたが、コンビ活動休止中に元ベイビーギャングのりんたろー。を誘い、仮コンビSCANDALを結成。

 

M-1グランプリ2017に出場して、3回戦まで進出します。

 

2017年11月にぷりずん。解散後、同年12月22日にりんたろー。と正式にコンビEXITを結成

 

チャラ男キャラで大ブレイクを果たし、2019年の「吉本男前ランキング」で1位を獲得しています。

 

お笑い第七世代の芸人に関連したまとめ記事を作成しています。興味あればぜひ見ていってください!

スポンサーリンク

EXIT兼近は過去に逮捕歴が2回ある?

 

2019年9月5日発売の『週刊文春』が、EXIT兼近さんに過去2回の逮捕歴があることを報じました。

 

同年9月1日に文春の取材班が兼近さんを直撃した時の映像がこちら。

正直いつか絶対バレることなんで、吉本にはずっと話していて。

絶対に誰か気付くんで、それが今、文春さんが知ってくれたということで正直嬉しかったです。

『やっと、今、言えるんだ』って!

吉本からは『誰にも言うな』『絶対ダメ』って言われて

 

記者の取材に対し事実関係をあっさり認め、「やっと、今、言えるんだって正直嬉しかった」と安堵の表情を見せていますね。

 

闇営業騒動があった際に、吉本には逮捕歴があることを報告していましたが、”非常に高度なプライバシー情報”であることから、「誰にも言うな」「絶対ダメ」と口止めをされていたそうです。

 

次項では、兼近さんが過去に2回逮捕された理由や容疑について調査していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

EXIT兼近の逮捕歴①少女売春斡旋容疑

 

兼近大樹さんは未成年時代の2011年11月、売春防止法違反で北海道警厚別署に逮捕され、罰金刑の有罪判決を受けています。

 

逮捕理由は、当時19歳の女子高生に売春を斡旋した容疑でした。

 

直接の逮捕容疑は同年4月、札幌市の高校3年の女子生徒(当時19)に、携帯電話の出会い系サイトを通じて知り合った男性と市内のホテルでいかがわしい行為をさせ、現金1万5000円を受け取らせたというもの。

女子生徒は『小遣いほしさに男性100人くらいと関係を持った』と供述。

兼近は容疑を全面的に認め、罰金刑の有罪判決を受けています。

出典:週刊文春

 

これにより20日間の拘留と簡易裁判、10万円の罰金刑を受けています。

 

兼近さんは当時を「法に触れるということは分かってた上で、僕が未成年のころは『それの何がいけないんだ』でしたね」と振り返っています。

 

スポンサーリンク

EXIT兼近の逮捕歴②現金1000万円入り金庫の窃盗容疑

 

兼近大樹さん2度目の逮捕となったのは、1度目の逮捕からおよそ9ヶ月後の2012年8月2日。

 

逮捕容疑は2012年4月22日未明、人気ホスト・A氏の自宅マンションに侵入し、現金約1000万円入りの耐火金庫やブランド時計(約300万円相当)を盗んだ窃盗容疑でした。(当時21歳)

 

少女売春斡旋容疑で逮捕・出所後、飲食店のオーナーからサパークラブの店長を任され働いていた兼近さん。

 

その手口は大胆で、A氏の自宅に多額の現金が保管されていることを知人から聞き出し、4人で見張り役などの役割を分担して、業者を呼んで玄関の解錠をさせたと供述しています。

 

住民であることを装うために偽造した身分証まで用意しており、綿密な計画のもとA氏宅に侵入していた様子がうかがえます。

 

この時、母親の目の前で逮捕されたといい、のちに母・照美さんは番組の取材に「玄関で…この子逃げないから手錠はかけないでくれって(言った)。あのときの出来事が一番つらい」と涙ながらに語っていました。

 

この事件では逮捕はされましたが10日間勾留された後に嫌疑が晴れ、不起訴処分で釈放されています。

 

拘留と勾留の違い
  • 拘留 … すでに判決が下された後の刑罰の一種
  • 勾留 … 判決を受けるまでの被疑者・被告人を拘束するこ

引用元:https://keiji-pro.com/columns/62/

スポンサーリンク

EXIT兼近のメッセージ全文公開 逮捕報道後も好感度が下がらない理由

 

文春砲によって明らかになった、人気お笑い芸人・EXIT兼近さんの逮捕歴報道。

 

2019日9月5日付の公式Twitterでは、兼近さんが関係者やファンにむけたメッセージを公開しています。

メッセージ内容全文がこちら。

関係者・応援してくれている皆様へ

 

この度は、お騒がせしてご迷惑をおかけしてしまい大変申し訳ございません。

吉本、相方、先輩、後輩たちにもご迷惑をおかけしてしまい本当申し訳ないです。

今回の事で改めて自らの過去としっかりと向き合おうと思いました。

兼近は過去の法律違反を美談にする気も肯定する気もありません。今は永遠に背負い続け、こんな俺が夢を見たり簡単に他者と関わってはいけないと再認識しています。しかしこんな俺だからこそ出来る事、見てほしい事、伝えられることがたくさんあると思って居ます。

 

この件は被害者が居なかったかもしれませんが法に裁かれずとも俺はたくさんの人に迷惑をかけたり傷つけてしまったりして生きてきました。

でもどれだけ自分の生まれ落ちた場所、育って来た環境、当時当たり前になっていた普通を恨んでも、それは俺を生み育ててくれた親族、先生や友達、関わってくれた全て方の人生も否定する事になるので、恨んだり後悔する事はやめました。

そんな自分を否定する事を辞めれるよう、それがあったから今がありますといつか言えるような生き方をするように毎日心がけています。

 

最初から真面目にドロップアウトせず日々過ごしている皆様が正しいと思います。俺は途中から道に戻ろうとしてしまった別世界の奴なので同情してほしいなんてクソほども思いませんしそれでも俺はまだみんなと生きていきたいと思ってしまっています。

60億人60億色の生き方があって中には自分の今いる場所に違和感を感じている人も居ると思う。そこから抜け出しても受け入れてくれる場所はまだあるぞと、失敗しても抜け出して楽しんで生きてる俺を見せることが人を励ます事になれればと本気で思っています。

 

今回の未成年時の罪を報道されてしまった事に関しては自分のした事なので、ルールはどうあれ受け入れます。むしろ世に事実を伝えられたので多少の感謝もあります。

もちろん事実ではないことも多く書かれてあるので、それは文春さんが兼近の否定の文章も載せてくれています。見出しだけで判断せず、買って内容を読んでみてください。多少のカットはあるものの割と兼近の言葉で書いてくれてます。

 

何故そんな日々を送っていたか、兼近の何が本当で何が違うのかを知りたいと思う方には全て本当の話を別媒体で必ずしたいと思います。

 

日々の辛いことの出口になれるようなコンビEXITをこれからもよろしくお願い致します。(原文ママ)

 

2019年10月4日に放送された『爆報!THEフライデー』出演後には、自伝的小説の執筆に取り組んでいることを明かしていました。

真実を全て話しましたが、もちろんテレビでは描けない部分も多々あります。兼近自身も知りたい方には何もかも曝け出したいと思っていますので中卒のチャラ男が初めての自伝的小説の執筆に取り組んでいます。

 

世間を騒がせるスキャンダルや不祥事によって、これまで多くの芸能人が活動自粛や引退をしていますが、兼近さんは逮捕報道後もブレイクの勢いがとどまることなくテレビに出続けていますよね。

 

EXIT兼近さんが高い人気をキープし続ける理由はなぜでしょうか?

 

それについて、一部週刊誌はこのように分析しています。

  • 少年犯罪だったから
  • 「チャラ男だけど本当はマジメ」なイメージがあり好感度が元々高い
  • 事実をすぐに認めたため

 

現在有名人ではあるものの、兼近さんが未成年時の犯罪を公表(逮捕時は成人)したため、EXITファン以外からもマスコミに対する批判が上がりました。

 

また、吉本興業は当時「闇営業問題」で隠蔽体質について問われていた頃だったので、兼近さんがすぐに報道を事実と認めて自身の言葉で報告する姿に「正直で潔い」と感じられたのかもしれません。

 

 

さらにベビーシッターとして働いた経験があることから「チャラ男だけど実はマジメ」なイメージが元々あり、好感度が高かったことも干されなかった理由と考えられています。

 

兼近さんが現在執筆しているという自伝的小説ではどのような事実が語られるのか、気になりますね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、文春に逮捕歴を報じられたEXITの兼近さんについてまとめました。

 

兼近さんは過去に2度(少女売春斡旋容疑と窃盗容疑)の逮捕歴があり、1度目の逮捕では20日間の拘留と10万円の罰金刑、2度目の逮捕は10日間の勾留後、嫌疑不十分で不起訴処分となっています。

 

報道後に自身のツイッターで関係者やファンへ向けてメッセージを公開し、2019年10月4日放送の『爆報!THEフライデー』では、自伝的小説の執筆に取り組んでいることを明かしていました。

 

お笑い第七世代の芸人に関連したまとめ記事を作成しています。興味あればぜひ見ていってください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Happy*Farm , 2019 All Rights Reserved.