知りたい情報をわかりやすく!

鈴木杏樹と喜多村緑郎の文春不倫キス画像やホテル写真!謝罪文も全文公開!

WRITER
 
鈴木杏樹 喜多村緑郎 文春 不倫 キス 画像 デート写真 謝罪コメント 全文
この記事を書いている人 - WRITER -

鈴木杏樹さんと俳優の喜多村緑郎さんの不倫が文春によって報じられ、大きな話題となっていますね。

 

文春報道では、杏樹さんと喜多村さんの「手つなぎデート写真」「海岸でのハグ・キス画像」などが公開され、杏樹さんはラジオ番組を降板するなど仕事にも影響が出ているようです。

 

今回は、「週刊文春」によって報じられた鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんの不倫デートキス写真や画像と、謝罪文コメント全文も調査していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

鈴木杏樹が文春によって不倫を報じられ、ラジオを降板

 

90年代を代表するドラマ『あすなろ白書』でブレイクし、最近でも朝ドラ『なつぞら』に出演するなど、”清純派女優”として長く芸能界の第一線で活躍してきた鈴木杏樹さん。

 

そんな彼女の不倫を「週刊文春」が報じて世間に大きな衝撃を与えています。

 

文春報道によると、相手の男性は俳優の2代目喜多村緑郎さん。

 

喜多村さんは2013年1月27日に元宝塚歌劇団宙組トップスターの貴城けいさんと結婚されていますので、杏樹さんとの交際は不倫ということになりますね。

 

鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんは、2019年10月から11月まで行われた舞台『喜劇 道頓堀ものがたり』での共演をきっかけに知り合いました。

 

舞台関係者は当時の様子をこのように語っています。

全公演終了後に2人を含めた東京在住の共演者が都内で打ち上げを行ったそうです。

その席で2人は意気投合。

それ以降、喜多村さんは『あの子はホントいい子よ。あの子の舞台は全部観に行きたい』と隠すことなく周囲に好意を公言するようになったというのです。

出典:文春オンライン

 

喜多村さんがちょっとオネエ口調なのはさておき、男性の方から積極的にアプローチを仕掛けた感じはありますね。

 

文春取材班が二人のデートを目撃したのは1月14日と1月30日。

1月30日には、昼過ぎから1時間半にわたって千葉市美浜区で海岸デート。

2人は人目もはばからずハグやキスを繰り返していた。

その後、鈴木がハンドルを握る高級外車で、ラブホテルへと消えていった

出典:文春オンライン

 

芸能人同士の不倫カップルとは思えないぐらい堂々とデートしていたようですね。

 

しかし、1月30日ごろはまだ東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫で世間が騒然となっていた時期。

 

不倫がバレることに危機感はなかったのか、自分達には関係ないと思っていたのかなど疑問に感じてしまいますね。

 

最後の「鈴木さんの高級外車でラブホテル」が生々しくて、この報道を見た奥さんがどれだけショックを受けたのかと思うと…

 

今回の騒動を受けて、喜多村さんの妻・貴城けいさんのブログには「頑張ってください」「悲しみが早く消える日が来ますように」といった励ましのコメントが次々と集まっています。

 

この不倫報道により、鈴木杏樹さんはパーソナリティーを務めていた「鈴木杏樹のいってらっしゃい」を降板することを発表。

 

しかし、18日から行われる鈴木杏樹さん主演の舞台『罪のない嘘』広島公演は、予定どおり上映される方針であることが明らかになっています。

 

↓鈴木杏樹さんのプロフィールについてはこちらでご紹介していますので良かったら一緒に見ていってください!

スポンサーリンク

鈴木杏樹と喜多村緑郎双方の不倫謝罪コメント全文公開

 

鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんは文春の不倫報道を受け、事務所を通してコメントを発表しています。

 

喜多村緑郎さんと、その事務所の松竹エンタテインメントによる謝罪文全文がこちらですね。

 

喜多村緑郎の謝罪コメント

この度、一部報道機関にて報道された事柄につきまして、私の気持ちをお伝えしたくてこのような形で発表させていただくことにしました。

今回、鈴木杏樹さんと私に関して報道されている内容は事実です。

私の未熟さゆえに、妻、妻のご家族、仕事の関係者、日頃から応援していただいている皆様、そして鈴木さんご本人並びにお仕事先や周囲の皆様に多大なご迷惑をおかけいたしました。

今回の出来事はすべて私の責任です。

今後は、もう一度一から自分を深く見つめ直します。本当に申し訳ございませんでした。

 

松竹エンタテインメント

いつもお世話になっております。

報道されております、弊社所属俳優喜多村緑郎の記事に関しまして、本人に事実確認をいたしましたところ、記事に書かれている事柄は事実であること確認いたしました。

所属事務所といたしましては、自身の軽率な行動により、周囲の関係者様、共演者様、応援してくださっている皆様にご心配、ご迷惑をかけしたことを深く反省すると共に、関係者各位にお詫び申し上げます。

 

「記事に書かれている内容は事実」と認めたうえで、「軽率な行動」だったとお詫びをしています。

 

鈴木杏樹さんと事務所のジャパン・ミュージックエンターテインメントの謝罪コメント全文がこちら。

 

鈴木杏樹の謝罪コメント

今回、報道されております、喜多村緑郎さんとは、昨年10月の舞台で共演させていただきました。

その後、舞台の共演者の皆様とお食事をご一緒させていただきました。

今年に入って、お相手から独り身になるつもりでいるというお話があり、お付き合いを意識するようになりました。

しかし、まだお別れが成立していない現状、今回の軽率な行動を真勢に反省し、今後皆様に御迷惑をおかけすることのないよう慎みます。

この度の事で、たくさんの関係者の皆様に多大な御迷惑をおかけいたしました。

本当に申し訳なく、心からお詫び申し上げます。

大変申し訳ございませんでした。

 

ジャパン・ミュージックエンターテインメント

弊社所属鈴木杏樹の報道に関しまして

平素より皆様には大変お世話になっております。

本日は、弊社所属の鈴木杏樹についてのご報告を致します。

一部週刊誌に、鈴木杏樹と喜多村緑郎さんとの関係が報道されています。

現在事実関係を継続調査中ではありますが、本人より軽率な行動があった事を確認致しました。

弊社と致しまして、関係各位にご迷惑をおかけした事を深くお詫び申し上げます。

 

鈴木杏樹さんの謝罪文にある「お相手から独り身になるつもりでいる」の言葉からは、「自分も被害者」と言い訳しているような印象を受けますね。

 

文春の報道によると、妻の貴城けいさんは夫の不倫を知り「私の人生を返して」と号泣していたそうです。

 

「妻とはもう別れるつもり」というのは不倫の常套句ですし、奥さんをこれ以上傷つけないためにも、ここでは余計なことは言わず謝っておいた方が良かった気がしますね。

 

スポンサーリンク

鈴木杏樹と喜多村緑郎の文春不倫キス写真やデート画像とは?ラブホも特定

 

文春オンラインに掲載された、鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんの「不倫キス写真」「手つなぎデート画像」がこちら。

 

街中では帽子やマスクで変装しているものの、「恋人つなぎ」「海岸でイチャイチャ」している様子は一般のカップルとなんら変わりはないですね。

 

楽しそうな二人を見ていると、付き合いたての若者のような初々しさすら感じます。

 

およそ1時間半の海岸デートを楽しんだ後に向かったというラブホテルの名前も特定されていました。

 

杏樹さんと喜多村さんが利用したホテルの名前はHOTEL SEKITEIだといわれています。

 

船の形をした特徴的なホテルですね。

 

このホテルの休憩価格が4時間4000円だったことから、「4000円ラブホ不倫」と大きく報じられました。

 

鈴木杏樹が不倫相手とラブホテルに行くなんて、「あすなろ世代」としては衝撃です!!

 

スポンサーリンク

鈴木杏樹と喜多村緑郎の不倫報道に対する世間の反応

 

鈴木杏樹と喜多村緑郎の不倫報道謝罪コメントに対する世間の反応をまとめました。

 

貴城けいさんや宝塚ファンを初めとした世間の皆さんは「いい歳して最低」「被害者ぶって嫌悪感しかない」「ガッカリ」と怒り心頭の様子です。

 

また、自分の身を守るような謝罪文に多くの人が不快感を持っていました。

 

東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫報道が出たばかりということもあり「もう不倫の話はいいよ」と食傷気味の方もいましたね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、不倫が報じられた鈴木杏樹さんと喜多村緑郎さんの文春デート写真や、謝罪コメントについて調査しました。

 

お二人は不倫の事実を認め、事務所を通して謝罪文を発表しましたが、杏樹さんの「独り身になるつもり」発言が世間の反感を買い、再炎上する事態となっています。

 

また、手つなぎデートやキス・ハグ写真が文春によって公開され、ネットでは批判コメントが殺到していました。

 

↓鈴木杏樹さんの旦那や子供についてはこちらでまとめていますので是非ご覧ください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Happy*Farm , 2020 All Rights Reserved.