「もっと知りたい!」をかなえるエンタメ情報まとめ

金ピカ先生佐藤忠志が死去した死因や病名は何?告別式の日程はいつかも調査

WRITER
 
金ピカ先生 佐藤忠志 死去 死因 病気 病名 何 なぜ 告別式 お別れ会 日程 いつ
この記事を書いている人 - WRITER -

予備校の元カリスマ英語教師で、「金ピカ先生」の愛称で親しまれていた佐藤忠志さんが都内の自宅でお亡くなりになっていたことが明らかになりました。

 

87年には秋元康さんプロデュースの「一度きりだぜ人生は―花の受験生応援歌―」で歌手デビューするなどタレント活動もしていましたが、最近はめっきり見かけることがなくなっていましたね。

 

68歳の佐藤忠志さんが死去された理由や、原因となった病気はなんだったのでしょうか?

 

また、告別式やお別れ会の日程についても調査しました。

スポンサーリンク

佐藤忠志のプロフィール

 

佐藤 忠志(さとう ただし)さんの職業は、教育評論家、拓殖大学客員教授、元予備校講師です。

 

1951年5月4日生まれの東京都出身で、2019年9月24日に68歳で死去されました。

 

学歴は、芝浦工業大学高等学校を卒業後、慶應義塾大学受験で不合格となり、併願で合格した立教大学に入学して仮面浪人となった後、翌年に慶應義塾大学法学部政治学科に合格して入学しています。

 

慶応大学卒業後は筑波大学の大学院で修士課程を修了し、1977年に代々木ゼミナールの講師になります。

 

先生には似つかわしくないヤクザ風の見た目と教え方が話題となり、「金ピカ先生」として一躍人気予備校講師となりました。

 

1988年に東進ハイスクールへ移籍した後は、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』Vシネマ・ドラマなどに出演し、タレントとしても活動していたことがあります。

 

1992年に予備校講師を引退後は、タレントや評論活動をされていた佐藤さん。

 

2001年の第19回参議院議員通常選挙に、自由民主党公認で比例区から出馬しますが、落選。

 

2009年1月には鹿児島県西之表市長選挙で告示3日前に「金ピカ先生」の名前で無所属から立候補しましたが、こちらも落選してしまいます。

 

その後は引退しており、表舞台から姿を消していました。

 

スポンサーリンク

佐藤忠志さんが都内の自宅で死去

 

2019年9月24日の朝、デイケアセンターの職員が佐藤さんの自宅を訪問したところ、既に亡くなっている佐藤さんを発見されました。

 

68歳は今の時代では早すぎる死ですよね。

 

佐藤さんは結婚されていましたが、2016年ごろから奥さんとは別居しており離婚調停中でした。

 

別居の原因は佐藤さんの高額のクラシックカーを買う“車道楽”ぶりや、暴力などだったそうです。

 

18年の週刊誌の取材では、今の生活を「隠居。生きる屍(しかばね)ですよ」と自虐的に話していたという佐藤さん。

 

最高年収は2億円超えという華やかな人生から、晩年は生活保護を受けて暮らしていたようですね。

 

アップダウンの激しい人生だったと思いますが、佐藤さんは自身の人生を振り返って「バラ色」と語っていました。

 

スポンサーリンク

佐藤忠志さんの死因と病名は何?

 

佐藤さんの死因や病気はなんだったのでしょうか?

 

これについては今のところ不明となっています。

 

司法解剖が行われる予定なので、病名や亡くなった理由についてはいずれ明らかになるものとみられています。

 

新しいことがわかりましたらこちらに追記させていただきます。

 

ちなみに、過去には2度の脳梗塞と心筋梗塞を患っており、脳と心臓には持病があったようですね。

 

もし脳や心臓の病気が原因だったとしたら、近くに誰かいれば佐藤さんの容体の変化にすぐ気づくことが出来たかもしれません。

 

最後の時をどのように過ごしたのか、究明が待たれますね。

 

スポンサーリンク

佐藤忠志さんの告別式やお別れ会の日程は

 

佐藤忠志さんの告別式やお別れ会の日程についても調べてみましたが、今のところ詳しい情報は出ていませんでした。

 

別居中の奥さんや子供さんなどが喪主となり執り行う可能性があるかもしれません。

 

お葬式といえば通常亡くなった翌日に通夜2日後に告別式となることが多いですが、今回は死因がはっきりしておらず司法解剖が行われるため、通常より先の日程になることが予想されます。

 

司法解剖で死因が判明したのちに詳しいことがわかると思いますので、追加の情報を待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、2019年9月24日に死去された佐藤忠志さんの死因告別式について調査しました。

 

人気予備校講師からタレント、政治家への挑戦と波乱万丈な人生でしたね。

 

色々大変なこともあったと思いますが、晩年にご本人が「バラ色な人生だった」と振り返ることができたのは幸せだったと思います。

 

佐藤忠志さんのご冥福を心よりお祈り申しあげます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Copyright© Mish Mash , 2019 All Rights Reserved.