知りたい情報をわかりやすく!

アナ雪2のネタバレ結末あらすじ考察!エルサやオラフは最後どうなる?

WRITER
 
アナ雪2 ネタバレ 結末 あらすじ 考察 エルサ オラフ 最後 どうなる
この記事を書いている人 - WRITER -

ディズニー映画大ヒット作の続編『アナと雪の女王2』が、ついに11月22日より公開されましたね!

 

今作のキャッチコピーは「なぜ、エルサに力は与えられたのかー。」

 

自らに与えられた魔法の力の秘密を明らかにするため、エルサは未知の旅に出ますが、物語の終盤大ピンチに陥ってしまいます。

 

エルサとオラフは最後にどうなったのか?

 

また、前作ではあまり語られることのなかった、エルサ・アナたちの両親の死の真相から結末にいたるネタバレあらすじまで、考察を入れながら全部まとめてご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

アナと雪の女王2の登場人物・キャラクター紹介

『アナと雪の女王2』のあらすじをご紹介する前に、今作の主要な登場人物・キャラクターをご紹介しますね!

 

エルサ:アレンデール王国の女王

 

本作の主人公で、アナの姉。年齢は24歳。

 

色白でブロンドの髪に、紫色のアイシャドーが特徴です。

 

真面目でクールな性格で、生まれつき雪や氷を作り出す魔法の力を持っています。

 

アナ:アレンデール王国の王女

 

エルサの妹で、年齢は21歳。

 

髪の色は赤毛でそばかすがあり、好奇心旺盛で活発な性格です。

 

クリストフとスヴェン:山男の青年とトナカイ

 

クリストフは山男の青年で、アナの恋人。年齢は24歳。

 

今作ではアナにプロポーズをしようと何度もトライしますが、彼女が鈍感なためなかなかうまくいきません。

 

スヴェンはクリストフの相棒のトナカイ。

 

オラフ:エルサが作った雪だるま

 

エルサとアナが幼い頃に作った雪だるまで、年齢は3歳。

 

文字を覚えたことで、以前より知識が増えたようです。

 

その他、ストーリーの重要な鍵を握る人物がこちら。

  • イドゥナ… エルサとアナのお母さんで、アレンデール王国の王妃。
  • アグナル… エルサとアナのお父さんで、アレンデール王国の国王。

 

両親はエルサが18歳、アナが15歳の時に外交の海難事故で亡くなってしまいます。

 

さらに今作では4つの精霊が登場します。

 

4つの精霊たち+1
  • 風の精霊:ゲイル
  • 火の精霊:サラマンダー・ブルーニ
  • 地の精霊:アース・ジャイアント
  • 水の精霊:ノック
  • 第5の精霊:????

 

第5の精霊については、ストーリー・あらすじとともにご紹介していきたいと思います!

 

※※※※ここから先はネタバレ記事になります。映画の内容を知りたくない方は閲覧注意!!※※※※

 

アナ雪2オラフ役の声優について詳しく知りたい!という方は→『アナ雪2オラフ役声優は武内駿輔!ピエール瀧との違いは?新旧動画で比較!』の記事でまとめているので是非読んでみてくださいね!

 

アナ雪2の評価や感想・レビューについては『アナと雪の女王2の評価や感想(ネタバレあり)口コミとレビューを調査!』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね!

 

『アナと雪の女王2』のまとめ記事を作成しています。興味あればぜひ見ていってください!

【アナと雪の女王2】まとめ記事

スポンサーリンク

【ネタバレあり】アナと雪の女王2のストーリーあらすじ・前編

 

アレンデール王国とノーサルドラの民

 

エルサとアナは幼少期に父のアグナル国王から、かつてアレンデール王国は精霊と共存しながら暮らす「ノーサルドラの民」と交流していたという話を聞かされます。

 

平和の証としてダムを建設するも、その祝いの席で突然戦争が始まり、アグナルの父(エルサ達の祖父)は命を落とすことに。

 

アグナルは何者かによって命を助けられますが、平和の約束を破った事で精霊は怒り狂い、ノーサルドラは深い霧に閉じ込められてしまったのだといいます。

 

そして、エルサとアナの母・イドゥナは子守唄に「アートハランの歌」を二人に聞かせていました。

 

前作では冒頭で亡くなってしまい、あまり両親のことは語られなかったので、このシーンにはちょっとほっこりします。

 

”不思議な声”に導かれ、一行は北の「ノーサルドラ」へ

 

前作から3年がたち、アレンデール王国の人々は平和な日々を過ごしていました。

 

しかしある日、エルサは自分を呼ぶ北からの「不思議な歌声」を聴くようになります。

 

エルサが歌声の正体を知るため冒険に出ようとすると、アレンデールの街は強烈な嵐によって崩壊寸前となり、人々は高台に避難することに。

 

街を嵐が襲った理由は「古代の魔法が目覚めたから」で、戦争によって失われてしまった絆を修復する必要があるとトロールの長から聞かされます。

 

アレンデールを守るため、エルサ・アナ・クリストフ・スヴェン・オラフ一行は、北の「ノーサルドラ」へと向かいました。

 

エルサを呼ぶ謎の声の正体については『アナと雪の女王2 不思議な謎の声の主の正体は誰?歌手のAURORAを調査!』の記事でご紹介していますので是非読んでみてくださいね!

 

ノーサルドラの民やサラマンダーとの出会い

 

エルサの力によって深い霧の奥にある森にたどり着いた一行は、そこでノーサルドラの民達と出会います。

 

霧に閉じ込められたノーサルドラの民とアレンデールの兵士たちは、なんと今も戦い続けていました。

 

すると突然森が青い炎に包まれ、一帯はパニックに。

 

エルサが氷の魔法で鎮火し、炎の正体を追い詰めると、そこに現れたのは火の精霊・トカゲの「サラマンダー」でした。

 

予告編で何度も見ていたので、可愛いサラマンダーの登場に「ここで出てきたか!!」とちょっと興奮しましたね!

 

アナ雪2の新キャラ・サラマンダーについて知りたい!という方は『アナ雪2新キャラ トカゲのサラマンダーが英語名と違う理由はなぜ?由来を調査!』で詳しくまとめていますのでぜひ一緒にチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

【ネタバレあり】アナと雪の女王2のストーリーあらすじ・後編

 

ここから物語はさらに佳境に入っていきます。

エルサとアナの母イドゥナの正体と両親の死の真相

 

エルサが巻いていた母の肩身のスカーフによって、イドゥナが「ノーサルドラの民」だったことが明らかになります。

 

エルサが過去の記憶を氷によって蘇らせたところ、父・アグナルの命を助けたのは母・イドゥナであることもわかりました。

 

ノーサルドラの民たちから、両親が「アートハラン」に行く途中で難破事故にあってしまったことを聞かされ、その謎を解き明かすべく海岸にあった難破船へ。

 

難破船でイドゥナのものとみられるメモと「アートハラン」への地図を見つけ、両親がエルサの魔法の謎を解き明かすために命を落としたことを知ります。

 

両親が自分のために死んだというのは、なんとも残酷な真実ですよね。

 

そして、エルサはダークシーを越えて「アートハラン」へ行くことを決意します。

 

アートハランで明らかになった真実

 

「一緒に行く」と言って聞かないアナと、オラフを魔法の力で遠くに追いやり、一人でダークシーの荒波に立ち向かっていくエルサ。

 

そこで凶暴な水の精霊・ノックと出会い、始めは激しく抵抗されますが、やがてそれを乗りこなし、海を駆け抜けてアートハランに到着します。

 

声の正体と会ったエルサは、氷の彫刻と化した記憶によって祖父がノーサルドラの民の長を後ろから剣で襲って裏切った真実を知り、エルサはアナの時のように全身が凍りついてしまいます。

 

それによりオラフの魔法が消え始め、アナの腕の中で雪の結晶となり消えていってしまいます。

 

エルサとオラフの大ピンチ!

 

アナは、この危機をどう切り抜けるのでしょうか??

 

アナ雪2の興行収入結果については『アナ雪2の興行収入結果!観客動員数や製作費と前作アナ雪との比較も』の記事でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてください!

 

スポンサーリンク

【ネタバレあり】アナと雪の女王2の結末!エルサやオラフは最後どうなる?

 

ついに物語は結末へと大きく加速します!

アナはアース・ジャイアントの力を借りてダムを破壊

 

オラフがいなくなり途方に暮れていましたが、やがて立ち上がり地の精霊アース・ジャイアントたちをダムの方におびき寄せる作戦に出たアナ。

 

途中大きな岩に潰されそうになるものの、間一髪でクリストフとスヴェンに助けられ、アース・ジャイアントの放った岩によって精霊の怒りの元となっていたダムを破壊することに成功します!

 

それと同時に全身が凍りついていたエルサの氷が解け、自由の身に

 

ダムから大量の水が流れ出て、アレンデールへ津波のように襲いかかるも、エルサと水の精霊・ノックが「アートハラン」から駆けつけ間一髪のところで水を食い止めます!速い!

 

冒頭でアレンデールの街が風に襲われたのは、こうなることを予期していた精霊たちが人々を避難させるためだったんですね!

 

第5の精霊はエルサだった

 

アレンデールは再び平和を取り戻し、ノーサルドラの霧も晴れて青空が姿を見せます。

 

ノーサルドラの民の血をひくエルサは、氷の魔法の力を与えられた「第5の精霊」でした。

 

アレンデールを危機から救ったエルサはアナと感動の再会を果たします。

 

エルサの魔法と「水の記憶」によってオラフは復活!

 

そして、エルサはノーサルドラの女王として、アナはアレンデールの女王として、二つの国をつなぐ架け橋となりました。

 

アナ雪2の評価や感想・レビューについては『アナと雪の女王2の評価や感想(ネタバレあり)口コミとレビューを調査!』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね!

 

アナ雪2オラフ役の声優について詳しく知りたい!という方は→『アナ雪2オラフ役声優は武内駿輔!ピエール瀧との違いは?新旧動画で比較!』の記事でまとめているので是非読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

【ネタバレあり】アナと雪の女王2の考察

 

大ヒット映画の続編ということで、心のどこかで「1作目よりは劣るだろうな….」なんてことを思いながらあまり期待せずに映画を見に行ったのですが、実際見てみるとすごく面白かったです!

 

魅力的なキャラクターが次々に出てくるし、ストーリーもハッピーエンドで、見終わった後に「良かった〜」とジーンと心温まる感覚がありましたね。

 

前作では明かされていなかったエルサの魔法の秘密が明らかになって、両親が亡くなってしまった理由とか、伏線を回収するような展開が随所にあって「製作陣は元々2部作でやるつもりだったのかな?」とすら感じましたね。

 

今作のキャッチコピーにもなっている「エルサに魔法の力が与えられた理由」については、作品の中で明確に語られておらず、映画を見終わった方々が混乱する一つの要因となっているようです。

 

これは私の予想ですが、エルサに魔法の力が与えられたのは、祖父の代に犯してしまった間違いを正し精霊の怒りを鎮めるため、その息子であるアグナルとノーサルドラの民イドゥナの子供(エルサ)に氷の精霊の力を宿したのではないかと思います。

 

それが彼女がこの世に生まれてきた使命だったのではないでしょうか?

 

妹のアナに魔法の力が与えられなかったのは、”同じ力を持つ精霊は2つとして存在しない”という理屈だったのだと思われます。

 

また、エルサが終盤「アートハラン」で凍ってしまった理由については、祖父の犯した過ちを知ってエルサが動揺してしてしまい、その場所の持つ氷の魔力に飲み込まれてしまったという可能性が考えられますね。

 

個人的には、風の精霊・ゲイル(最初の竜巻と最後に手紙届けた)と火の精霊・サラマンダー(雪の結晶モグモグ)の活躍するシーンがもっと見たかったなぁという印象はありましたが、全体通してとても楽しめる映画でした!

 

グラフィックもすごく綺麗で、水の躍動感とか、髪の質感とかとてもリアルでしたよね。

 

スピード感あり、ところどころに笑えるポイントもあったりして、全く飽きずに時間があっという間に過ぎてしまいました。

 

これで物語は一段落した感じはありますが、もし続編があるなら、今度は「エルサの恋愛事情」も見てみたいですね!

 

エルサを呼ぶ謎の声の正体については『アナと雪の女王2 不思議な謎の声の主の正体は誰?歌手のAURORAを調査!』でまとめていますので一緒にチェックしてみてくださいね!

 

エンドソングを歌う中元みずきさんについては『アナ雪2日本語版EDに新人歌手中元みずきが選ばれた理由は?下手か動画で検証!』の記事でもご紹介しているので是非読んでみてくださいね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、アナと雪の女王2(原題:FROZEN2)のネタバレありあらすじ結末まで完全版と、考察をご紹介しました。

 

ストーリーは前作と同じくハッピーエンディングで、グラフィックや新キャラクターによってパワーアップしたアナ雪を見ることができました!

 

エンドロールの後に特典映像がありますので、これから映画を見に行く方は最後までお見逃しなく!

 

アナ雪2の評価や感想・レビューについては『アナと雪の女王2の評価や感想(ネタバレあり)口コミとレビューを調査!』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね!

 

アナ雪2の主題歌については『アナ雪2主題歌日本語詞と英語版フル公開!劇中歌とエンドソングの違いは何?』の記事でまとめているので是非読んでみてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

『アナと雪の女王2』のまとめ記事を作成しています。興味あればぜひ見ていってください!

【アナと雪の女王2】まとめ記事

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Happy*Farm , 2019 All Rights Reserved.