話題のニュースをお届け!

京アニ放火事件の犯人青葉真司が逮捕されない理由はなぜ?時期はいつかも調査!

WRITER
 
京アニ 放火 事件 犯人 青葉真司 逮捕されない理由 なぜ 時期 いつ
この記事を書いている人 - WRITER -
2019年7月18日に発生した「京都アニメーション放火事件」の犯人である青葉真司容疑者が1時間の取り調べを受けたとの報道がありました。

 

死者36名・負傷者33名を出す史上最悪の放火事件を起こした犯人が、一体何を語ったのかに注目が集まっていますね。

 

今回は、京アニ事件の犯人青葉真司容疑者が現在も逮捕されない理由はなぜなのか、また逮捕時期はいつになるのかについても調査しました!

 

スポンサーリンク

京都アニメーション放火事件とは

京都アニメーション放火事件とは、2019年7月18日にアニメ製作会社「京都アニメーション」で発生した放火事件です。

 

この火災により鉄筋コンクリート3階建てのスタジオは全焼。

 

36人が死亡、33人の負傷者を出す過去最悪の放火事件となりました。

 

京都アニメーションはこれまでに、「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「けいおん!」など多くのアニメ作品を生み出しています。

 

その原作再現度の高さや独特な映像美から、日本国内のアニメファンのみならず、一般の人や海外の人からもその名が知られ、親しまれていた「京アニ」。

 

この火事による被害について、国内外から「アニメ界の大きな損失」「甚大な被害」という声が出ており、その影響は想像を絶するものとなっています。

 

スポンサーリンク

京都府警が京アニ放火事件の容疑者を事情聴取

11月9日付のFNNの報道によると、京アニ放火事件の犯人・青葉真司容疑者が事情聴取を受けていたことが明らかになりました。

 

青葉容疑者も全身に負ったやけどで治療を受けていましたが、徐々に回復してきたことから、京都府警から1時間にわたり病室で取り調べを受けました。

 

しかし、現在のところ逮捕には至っていません。

 

供述内容については詳しく明かされていませんが、青葉容疑者は淡々と捜査員の質問に答え、容疑を認めたうえで、「どうせ死刑になる」と話していたといいます。

 

京アニ事件生存者の証言については『京アニ火災生存者が証言した当日の現場の状況と助かった方法とは』でまとめていますので是非読んでみてください!

 

スポンサーリンク

京アニ事件犯人が現在も逮捕されない理由はなぜ?

史上最悪の放火殺人事件となった「京アニ放火事件」。

 

京都府警は7月20日に殺人容疑で逮捕状を取得しており、事件発生から3ヶ月以上がたちますが、犯人の青葉真司容疑者は未だ逮捕されていません。

 

犯人が逮捕されない理由について、逮捕状の執行には留置に耐えられる状態との医師の判断が前提とされており、現在も逮捕の見通しは立っていません。

 

現在の青葉容疑者は集中治療室で治療を受け、呼吸器を外せば会話ができる状態にまで回復しているといいます。

 

しかし、火災によるやけどは皮下組織にまで及ぶケースが多く、早期に適切な処置を施さないと最近が繁殖する危険もあります。

 

専門家の話によると「一般的には、命の危険がなくなるまで最長で1年程度かかる場合もある」とされています。

 

そのため当面は病室での取り調べで捜査を進め、回復を待って逮捕される見込みです。

 

被害にあった方の親族や遺族の方々の気持ちを思うと、逮捕にあと1年近くもかかるかもしれないというのは酷ですね。

 

できる限り早い段階で逮捕、裁判をすすめていただき、犯人にはしかるべき裁きを受けてほしいと思います。

 

教師いじめ事件容疑者が逮捕されない理由については『教師いじめ加害者の現在と逮捕されない理由はなぜ?黒幕の存在や女帝と校長の関係は』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

京アニ事件犯人事情聴取に世間の反応は

 

京アニ事件犯人の事情聴取に対する世間の反応がこちら。

前代未聞の事件を起こしておきながら、やさぐれて投げやりになるその無責任さに憤る人が相次いでいますね。

 

社会に与えた影響や、被害に遭われた方のことを考えると、極刑になったとしても罪は償いきれるものではありません。

 

しかし、「自分の犯した罪への最低限の責任は果たして欲しい」というのが世の中の総意ではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、京都アニメーション放火事件の犯人青葉真司容疑者についてご紹介しました。

 

事件後全身にやけどを負った青葉容疑者は、現在も集中治療室で治療を受けていますが徐々に回復しており、京都府警による1時間の事情聴取を受けました。

 

容疑を認め淡々と捜査員の質問に答えていますが、「どうせ死刑になる」の発言に世間から批判が殺到しています。

 

京都府警は7月20日に逮捕状を取得していますが、執行には留置に耐えられる状態との医師の判断が前提とされており、最長で1年ぐらいかかる見込みだと言われています。

 

その他、京アニ事件犯人に関しては新しい情報が入りましたらこちらに追記したいと思います。

 

京アニ事件生存者の証言については『京アニ火災生存者が証言した当日の現場の状況と助かった方法とは』でまとめていますので是非読んでみてください!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Happy*Farm , 2019 All Rights Reserved.