今気になる旬な情報をピックアップしてお届け!

京アニで爆発的火災が起こった原因は?スタジオの構造と避難経路も

Nao
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

2019年7月18日に発生し、死者33名・負傷者36名という平成以来最悪の被害を出した京都アニメーション放火事件。

なぜ爆発的な火災は起こり、これほどまで多くの被害者が出てしまったのでしょうか?

今回は、大規模な火事となった原因と、スタジオ内部の構造・避難経路について調べてみました。

スポンサーリンク

京都アニメーション放火事件とは

京都アニメーション放火事件とは、

2019年7月18日にアニメ製作会社

「京都アニメーション」で発生した放火事件。

 

鉄筋コンクリート3階建てのスタジオは全焼、

死者33名(男性12名・女性20名・性別不明1名)と

男女36名の負傷者を出しており

負傷者のうち4名(男性2名・女性2名)は

現在も重篤な状態と報じられています。

 

京都アニメーションはこれまでに、

「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」

「けいおん!」など多くのアニメ作品を生み出し

その原作再現度の高さや独特な映像美から

日本国内のアニメファンのみならず、一般の人や

海外の人からもその名が知られていました。

 

今回の火事による被害について、国内外から

「アニメ界の大きな損失」

「甚大な被害」という声が出ており

その影響は想像を絶するものとなっています。

スポンサーリンク

スタジオの構造・避難経路は?

今回の事故は、なぜここまで被害が広がったのか?

スタジオの構造についての報道をまとめました。

 

今回の現場は鉄筋コンクリート造りの3階建て。

1階から3階までがらせん階段で繋がった

下から上まで行き来しやすい構造でした。

建物の外には非常階段などはなく、

避難経路は吹き抜けのらせん階段と

1階から屋上までつながっている階段のみでした。

 

今回は玄関付近に犯人によってガソリンをまかれ

らせん階段にそって火事が広がっていったことから

避難経路は屋上へ向かう階段のみ

だったのではないかと考えられています。

 

今回の火事による被害者のうち

1階部分で2名

2階部分で11名

2階から3階につながる階段部分で1名

3階から屋上につながる階段部分で19名が亡くなっており、

多くの方が燃えさかる炎の中

必死で屋上へ向かって逃げていたことが予想されます。

 

屋上まであと一歩のところで力尽きた

被害者の方たちの絶望感は、はかり知れませんね…

 

ネットでは、

避難階段が設置されていなかったのは構造上問題があったのでは?

とされる意見もみられましたが

 

建築基準法施行令第122条によると、

避難階段は地上5階以上または地下2階以下

の建物へ設置が義務づけられているとされています。

 

よって、3階建ての京都アニメーションスタジオは

その基準にしたがって設計されたものであり、

違法建築ではないことが明らかになっています。

 

しかし、今回のような非常事態において

ほとんど逃げ場のない構造となっており、

その安全性を疑問視する声も多く出ているようです。

スポンサーリンク

爆発的な火災はなぜ起こった?

爆発的な火事を引き起こしたという今回の火事。

なぜここまで被害が拡大してしまったのでしょうか?

 

爆発的な火災の原因1:ガソリンをまいた

爆発的な火災を招いた原因のひとつに、

犯人の男が火をつける前に

ガソリンをまいたことがあげられています。

 

専門家の話によると

ガソリンは揮発性が高いため室内に一気に充満し、

爆発的に可燃物へ燃え広がったと指摘されています。

爆発的な火災の原因2:紙など燃えやすいものがあった

京都アニメーションスタジオの関連サイトによると、スタジオの建物には床や壁に多くの木材が使われていたそうです。

そして、アニメ制作のため大量の紙類などが置かれていたことから、一気に燃え広がったと言われています。

アニメスタジオですので、一般的な企業より紙の量は多かったと予想されます。

犯人がここまで想定していたかはわかりませんが、これによって火事がさらに拡大してしまう結果となりました。

爆発的な火災の原因3:らせん階段

多くの専門家が指摘するのは、建物内部にあった吹き抜けのらせん階段。

これが、爆燃現象を引き起こし、煙突の役割をしたため、一気に火事が上の階に広がってしまったというのです。

 

ちなみに爆燃現象とは何かというと

火災によって建物内の空気が薄くなると、

不完全燃焼となり、可燃性のガスが生じます。

それが、開口部などから空気の供給が再開されると

この可燃性ガスに引火し爆発的な燃焼が起こる現象。

バックドラフトとも呼ばれています。

 

今回の火災の場合、ガソリンもまかれていたため

さらに燃えやすい条件となっていた可能性があります。

 

これらの条件が重なったことにより、

爆発的火災が引き起こされてしまった

と考えられています。

 

会社全体で一つの作品を作るというスタイルで

これまで多くの名作を生み出してきた京スタ。

らせん階段は、クリエイター同士がスムーズに

コミュニケーションを取り合うために

なくてはならないものだったのではないか?と思います。

 

その構造を逆手にとって

今回の火事を企てた犯人には怒りしかありませんね。

現在病院で手当てを受けているそうですが

しかるべき裁きを与えて欲しいものです。

まとめ

今回は、京都アニメーションスタジオの大規模火災の原因と構造について調べてみました。

知れば知るほど、当時の現場の状況の悲惨さがわかって、胸が締め付けられる思いです…

最後までお読みいただきありがとうございました!

スポンサーリンク

この記事を書いている人 - WRITER -
Nao
カナダ在住30代主婦。 話題のエンタメ情報やニュースについて "見たい情報を、わかりやすく" をモットーに独自の視点で切り込んでいきます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© つれづれニュース , 2019 All Rights Reserved.