ターミネーター:ニューフェイトの見どころと1・2作目のあらすじをおさらい!

WRITER
 
ターミネーター:ニューフェイト 見どころ 1・2作目 あらすじ おさらい
この記事を書いている人 - WRITER -

ターミネーターシリーズの6作目となる『ターミネーター:ニューフェイト』が11月8日に公開となりますね!

 

シリーズの中でも最も人気の高かったT2の正当な続編となる作品で、生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作総指揮を担当するなど、ターミネーターファンにとってはかなり期待のできる内容となっています!

 

映画を観る前におさえておきたい見どころや、「1・2作目を見たことないけど見てみたい!」という方のために、映画の設定やあらすじをおさらいしてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

『ターミネーター:ニューフェイト』公開日は11月8日

シリーズ6作目となる『ターミネーター:ニューフェイト』は、2019年11月8日公開予定です。

 

『ターミネーターシリーズ』のうち、1991年に公開された『ターミネーター2』の正当な続編で、生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作に、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンさんが28年ぶりにシリーズ復帰することでも注目を集めています。

 

ターミネーター:ニューフェイト【新たな運命編】の本予告がこちら!


迫力のあるアクションシーン満載で、ハラハラドキドキしっぱなしの展開となっています!

 

今年で72歳となったアーノルド・シュワルツェネッガーさんが登場するのもファンにとっては見逃せないポイントですよね!

 

ターミネーター:ニューフェイトのキャストや登場人物については『ターミネーター:ニューフェイトのキャストや登場人物と悪役を画像つきで紹介!』でもまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

『ターミネーター:ニューフェイト』を見る前に1・2作目までのあらすじをおさらい!

今作の『ターミネーター:ニューフェイト』は、時系列では『ターミネーター2』の後の世界となります。

 

「映画を見たい!けど、1・2作目を見たことがない!」という方のために、ストーリーのあらすじを簡単にまとめておさらいしたいと思います!

 

一応これまでの5作品と時系列をご紹介するとこんな感じです。

  • (1984年公開)映画『ターミネーター』
  • (1991年公開)映画『ターミネーター2』
  • (2019年公開)映画『ターミネーター:ニューフェイト』←今作ココ
  • (2003年公開)映画『ターミネーター3』
  • (2015年公開)映画『ターミネーター:新起動 ジェニシス』
  • (2009年公開)映画『ターミネーター4』

公開順と比べて見るとかなりややこしいですよね。笑

 

しかし!!ターミネーター3以降は製作陣曰く「無視していい」と言われていますので、ここでは一切触れずにいきたいと思います!

 

1984年公開・1作目『ターミネーター』のあらすじ ※ネタバレあり!

 

時代は2029年。

 

核戦争後の世界で反乱を起こした人工知能「スカイネット」によって、人類は滅亡の危機に直面していました。

 

しかし、反乱軍のリーダー、ジョン・コナーの指揮で人類は反撃に転じます。

 

脅威を感じたスカイネットは、彼の誕生を阻止するため1984年に殺人アンドロイド“ターミネーター・サイバーダインシステム・モデル10”を送り込み、彼の母親となるサラ・コナーを殺害しようと目論みます。

 

ターミネーターに襲われたサラは、カイル・リースという男に命を救われました

 

彼はなんとサラの息子であるジョンの命を受け、過去に彼女を守りにきた反乱軍の一員だったのです。

 

当初はカイルの話を信じなかったサラですが、なんども彼に命を救われ次第に心を開いていきます。

 

逃亡をつづけながらサラたちとターミネーターは激しい攻防戦を繰り広げ、工場での最終決戦へ。

 

しかし超合金のボディを持つターミネーターに歯が立たず、カイルはターミネーターの爆破に成功するものの、命を落としてしまいます。

 

カイルの死を嘆くサラに、上半身だけになってもなお迫り来るターミネーター。

 

しかし彼女はターミネーターをプレス機まで誘導し、完全に破壊することに成功しました。

 

数ヶ月後、カイルとの子ジョンを宿したサラは、やがて訪れる「審判の日」に向けて戦いを決意します。

出典:ciatr

 

ここまでが1作目ですね。

 

2029年の時代は人類 VS 人工知能スカイネットの戦いが行われていました。

 

人工知能と戦う人類(反乱軍)のリーダーが、ジョン・コナーですね。

 

その生みの親であるサラ・コナーを殺すため、人工知能スカイネットから1984年の時代に派遣されたのが、シュワちゃん演じるターミネーター

 

つまりターミネーターは、1作目ではサラ・コナーの命を狙っていた人類の敵ポジションでした。

 

1991年公開・2作目『ターミネーター2』のあらすじ ※ネタバレあり!

 

舞台は前作から10年後。

 

1997年に起こりうるスカイネットと人類の核戦争「審判の日」を記憶しているサラ・コナー。

 

彼女はそれを阻止する目的でスカイネットを作り出したサイバーダイン社の爆破未遂事件を起こし精神病患者として警察病院に収監されてしまいます。

 

養父母に引き取られた息子のジョンは、子供ながらにハッキングや武器の知識に精通した非行少年となっていました。

 

ある日、時空を超えて再びターミネーターが送り込まれます。

 

変形自在の液体金属で構成されたT-1000からジョンを守ったのは、前作でサラを襲ったT-800でした。

 

彼は、未来のジョンが過去の自分を守るために彼を再プログラムしたことを告げます。

 

ジョンとT-800はT-1000の標的であるサラの救出へ向かうことに。

 

T-1000からからくもサラを保護したジョンとT-800。

 

T-800からスカイネット誕生につながるコンピュータ素子を開発することになるサイバーダインの科学者、マイルズ・ダイソンの存在を知らされたサラは、彼を殺害するために自宅に侵入します。

 

しかし、妻子のある幸せな家庭を築いている彼の姿を目にし殺害を躊躇していると、そこにジョンが現れます。

 

ダイソン夫妻に全てを話したジョンはT-800、サラ、そしてマイルズを伴ってサイバーダイン社へ。

 

警官隊に包囲される中、研究のすべてを破壊することに成功したものの、マイルズは命を落としてしまいました。

 

サイバーダイン社から逃走するサラたちの背後にT-1000が迫り、カーチェイスのすえ製鉄所に突っ込んだ一同。

 

T-800はT-1000に圧倒されながらも最後には相手を溶解炉に転落させることに成功します。

 

ターミネーター誕生の鍵となったマイクロチップを溶解炉に投げ込むジョン。

 

しかし、T-800は自分にも同じマイクロチップが使われているため、自身も溶解炉に沈ませるようジョンとサラに頼みます。

 

別れを惜しむ2人が見たのは、サムズアップをしながら溶解炉に沈むT-800の腕でした。

出典:ciatr

2作目ではシュワちゃん演じるターミネーター・T800は、未来のジョンによって再プログラムされ、サラの命を守る人類の味方となります。

 

そして、ターミネーター・T1000からサラの命を救いますが、最後は溶解炉に沈んでいってしまいました。

 

今作は「『ターミネーター2』に残してきたものを再開する物語」とされており、その後のストーリーに注目が集まっています!

 

ジョン・コナー役、エドワード・ファーロングさんの出演については『ターミネーター:ニューフェイト ジョンコナー役の出演は?現在の画像が衝撃!』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

『ターミネーター:ニューフェイト』を見る前におさえておきたい見どころは?

 

北米では11月1日に公開されたこの映画、一足お先に鑑賞してきました!!

 

これから『ターミネーター:ニューフェイト』を見る方のために、映画がもっと面白くなる「おさえておきたい見どころ」をご紹介したいと思います!

 

サラ・コナーのロケットランチャー姿

今作1番の見どころとなるのは、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンさんが「ターミネーター2」以来、28年ぶりにシリーズ出演することですよね。

 

ターミネーター3以降でも出演オファーがあったそうですが「この脚本にはドラマがない」と辞退されていたそうです。

 

「Cinema Con」では「この脚本、ストーリー、キャスト、監督だったから、私はこのシリーズに戻ってきた」と話しており、生みの親であるジェームズ・キャメロン氏が製作に復帰したことが大きかったのではないかなと思います。

 

ちなみに、リンダ・ハミルトンの出演決定にネットでは「世界一ロケットランチャーが似合う女性」と称され、歓迎されたそうです!

 

果たして今作ではサラ・コナーのロケットランチャー姿は見られるのか?

 

是非注目してみてください!!

 

T800の、あの名ゼリフが再び?!

ターミネーターシリーズ恒例の、T800演じるアーノルド・シュワルツェネッガーさんの名ゼリフといえば、”I’ll be back.”ですよね!

 

今作はシュワちゃん登場ということで「あの名ゼリフはまた聞けるのか?!」とファンの間で期待が高まっています!

 

結論から言うと… あのセリフは出てきます!

 

他にも1・2作目で出てきたセリフが物語の中でいくつか登場しており、シリーズファンにとっては「あ、あの時のセリフだ!」と懐かしくなる演出が散りばめられています。

 

字幕で見る方にはぜひともチェックしていただきたいポイントですね!

 

ヒロイン・ダニが命を狙われている理由はなぜ?

登場人物の一人であるダニは物語の重要なカギを握るキーパーソン。

 

ダニは今回の作品で、”最新型ターミネーター・REV-9”に命を狙われるヒロイン的な存在ですね。

 

メキシコで暮らしていた平凡な女の子のダニが、なぜREV-9に命を狙われているのか?

 

ストーリーの中で徐々に明らかになっていく真実も必見です!

 

シリーズ最凶?!REV-9が強すぎる!

今回の敵役となるのが、ガブリエル・ルナ演じる最新型ターミネーター・REV-9。

 

このREV-9が、まじで強いんです

 

まさにその強さはシリーズ最凶で、銃で撃っても、たたいても、つぶしても、粉々に砕いても死なない!!

 

また、そんな彼からダニを守るグレイスとのスピード感あふれるアクションシーンもかなりの迫力!

 

「こいつを殺す方法あるの?」と言いたくなるほどの不死身ぶりは必見です!

 

ターミネーター:ニューフェイトのキャストや登場人物については『ターミネーター:ニューフェイトのキャストや登場人物と悪役を画像つきで紹介!』でもまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね!

 

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は、11月8日に公開される映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』についてご紹介しました。

 

『ターミネーター2』の正当な続編と称され、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンさんが28年ぶりに復帰するなど注目が集まっていますね!

 

私が実際に映画を見た感想は、迫力のあるアクションシーンとストーリー展開や豪華キャストで、かなり見応えのある内容だったと思います!

 

すごく面白かったので、興味のある方はぜひ映画館に足を運んでみてくださいね!

 

ターミネーター:ニューフェイトのあらすじやネタバレについては『ターミネーター:ニューフェイトのあらすじや評価と感想は?ネタバレあり!』でまとめていますので是非一緒にチェックしてみてくださいね!

 

『ターミネーター:ニューフェイト』のまとめ記事を作成しています。興味あればぜひ見ていってください!

【ターミネーター:ニューフェイト】まとめ記事

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Happy*Farm , 2019 All Rights Reserved.